ここでは主に Editorial Office が作成するコンテンツを掲載します。文責は Editorial Office にあります。

ジャンクと書きましたが、決して自虐的なネタをやるわけではありません。設定した永続的なカテゴリに収まらないものをここで特集します。ご専門の方はスルーするのが良いと思います。

Image Credit: A. Ikeshita
 

「はやぶさ2」が目指すC型小惑星「1999 JU3(Ryugu)」

2003年05月09日に地球を旅立ち、2年4ヶ月ほどかけて「はやぶさ」が到達(2005年09月)した小惑星「イトカワ」。あれ?でも今度の対象天体は記号の羅列ですよね。C型小惑星「1999 JU3(Ryugu に命名)」という呼称、どのように違うのだろう?ということで、「はやぶさ」がイトカワを目指した理由、「はやぶさ2」が「1999 JU3」を探査する目的などを復習も兼ねてそのあたりを解説します。

尚、このページ内の文章に関する責任は MEF-運営事務局 - Editorial Office にあります。ご批判や修正しろ、または「よく頑張った」等の激励はこちら宛にください。決して JAXA やその他の公共機関に質問等はしないでくださいね。(2016年01月13日改訂)

MEF-運営事務局 - Editorial Office:2016/01/13
 

私たちが目指す小天体~小惑星:第一編~

小惑星全般として小惑星番号が確定しているものは(2011年12月時点)約31万個。「仮符号」のみの天体を加えると 88 万個を超えるそうです。たくさんありますね~。このうちおよそ8500個が地球に接近する軌道(NEA,PHA)を持ちます。大雑把ではありますが、その辺の解説に挑みます。

大きなテーマを持ち出しました。さてさて、非研究者の筆者に「解り易い解説」なんてできるのだろうか?まあ、やってみなくちゃ、と言うよりやらなきゃサイトの更新が前に進まないんだから。どこまで切り込んで行けるのかわくわくします。長~~くなるだろうから、連載にしようか!(2016年01月13日改訂)

MEF-運営事務局 - Editorial Office:2016/01/13
 

MEF へは以下から参加できます。
” 小天体探査フォーラム参加登録 by FreeML ”