「小天体の衝突・軌道進化」参加報告

招待講演のトップバッターであった石黒正晃氏は「小惑星帯における衝突現象の観測的研究」と題し,メインベルト彗星のダスト放出について近年の観測結果を報告して頂いた ...

「遊星人」第22巻(2013)1号 - 原文(PDF)

 


衝突研究から「はやぶさ」,そしてその先へ

日本の惑星科学における高速度衝突研究の始まりのころ,そしてそれがどのように発展していったか,また探査も含む小惑星の研究にどのように進んでいったか.さらに将来の研究について,「衝突」をキーワードとして述べる ...

「遊星人」第21巻(2012)2号 - 原文(PDF)

 


「巨大天体衝突過程とその影響」参加報告

「弾丸は画面右から左に向かって飛んできます」画面右からゆっくりと弾丸が飛来し標的に衝突する.1 コマ目の衝突閃光に続いて,標的にはクラックが伝播し ...

「遊星人」第21巻(2012)1号 - 原文(PDF)

 


「衝突と物質科学」参加報告

6 回目となった今回は,「衝突と物質科学」と題し,隕石中の衝撃痕跡についての専門家の方々 4 名をお招きしてご講演いただいた ...

「遊星人」第21巻(2012)1号 - 原文(PDF)