The Planetary Society of Japan

太陽系科学会議

2017年の開催予定

シンポジウム「天体の地球衝突問題にどう取り組むか 2」

アジア太平洋地域小惑星観測ネットワークシンポジウム(JAXA)、スペースガード研究会共同開催(JSGA)
October 01, 2017

 

10/01 2017

本年5月に、Planetary Defense Conference(PDC:地球防衛会議)を東京にて行いました。20以上の国から200名を超える研究者が集まり、天体の地球衝突についての議論を行いました。この会議では、研究発表だけでなく、東京に小惑星が衝突するという状況を設定して、どのように対応すべきかシミュレーション的な議論もなされました。

そして7月には、5年前に1週間だけ観測された小惑星 2012 TC4 が再度観測され、この小惑星が10月12日に約4万4千kmまで地球に接近することが確認されました。また、米国の探査機OSIRIS-RExが9月22日に地球スイングバイを行いますが、その観測キャンペーンが行われることになりました。(OSIRIS-RExは人工天体ですが、地球にニアミスする天体と見なすことができます。)

このような状況を踏まえて、急遽、本シンポジウムを開催することになりました。本シンポジウムは、本年の2月にPDCの準備として開催されました会合に続くものになります。今回は、まずは直近の 2012 TC4 の地球接近観測に向けての議論を行います(第1部)。次に、PDCでシミュレーション議論を行った内容について日本国内での議論を深めることを主な目的として、PDCと同様な架空の天体衝突を設定してどう対応するのがよいのか、参加者の皆さんで議論していただこうと思います(第2部)。さらに、米国のOSIRIS-REx探査機の地球スイングバイの観測結果についての報告も行いたいと思います(第3部)。

ご関心のある方は、是非、ご参加いただければ幸いです。
 

【開催日時】: 2017年10月01日(日) 9:30~18:00
※ さらに議論を深めるための夜の部も企画したいと思います。(20時まで)
 

【開催場所】: 一橋大学一橋講堂特別会議室101,102
東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター内
” 一橋大学一橋講堂へのアクセス ” - PDF 479KB
 

【主催】: 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所、特定非営利活動法人日本スペースガード協会.
【協力】: 日本惑星協会、星空公団
 

【テーマ】

・2012 TC4の観測
・地球に衝突する天体が発見されたときの対応(シミュレーションとしての議論)
・OSIRIS-RExの地球スイングバイの観測
・地球近傍天体(人工天体も含む)の観測
・プラネタリー・ディフェンス(スペースガード)に関連したこと
 

【プログラム】

おおよそ次のようなスケジュールを想定しています。
 

■第 1 部 10:00~12:00
テーマ:2012 TC4やNEOの観測について

研究発表予定者(敬称略):関口朋彦、岡崎良(北海道教育大学)、阿部新助、船橋和博(日本大学)、安田岳志(姫路科学館)、柳沢俊史(JAXA)、浦川聖太郎(日本スペースガード協会)
※発表は募集中です。
 

■第 2 部 13:30~16:30
テーマ:小惑星が地球衝突するときどう対応するか

ゲスト:山根一眞 氏(ノンフィクション作家・獨協大学特任教授)、上坂浩光 氏(映画監督・CGアーティスト・天体写真家?)、岡山悠子 氏(日本科学未来館 科学コミュニケーター)、谷口義明 氏(放送大学教授)、渡部潤一 氏(国立天文台)、山岡 均 氏(国立天文台広報室長)

※5月のPDCのエクササイズで行われたことをベースにして、東京に小惑星が衝突するという想定のもとにどのように対応すべきなのかをゲストの皆さんと一緒に議論します。参加されている皆さんからもご意見をお伺いしますので、多くの皆さんに参加していただければ幸いです。
 

■第 3 部 17:00~18:00
テーマ:OSIRIS-RExの地球スイングバイの観測について
人工天体の観測について

研究発表予定者(敬称略):三島和久(倉敷科学センター)
※発表は募集中です。
 

■夜の部 ~20:00
自由討論

※簡単な飲食をしながら議論をしたいと思います。(実費をお願いします)
 

【参加・発表申し込み】
・参加される方は下の参加申し込みをお送りください
・参加申込期限:9月25日(月)
・送り先:sg2017entryアットマークspaceguard.or.jp(アットマークを @ に換えてください)
・講演の申し込みもできますが、時間の関係でお受けできない場合もあります。
・会場の定員を超えた場合には先着順とさせていただきますのでご了承ください。
・参加は無料です(夜の部の実費を除く)
 

注)このシンポジウムは、JAXA宇宙科学研究所の「アジア太平洋地域小惑星観測ネットワークシンポジウム」と日本スペースガード協会の「スペースガード研究会」が合同で行うものです。

世話人:吉川真(JAXA/ISAS)、奥村真一郎、浦川聖太郎(日本スペースガード協会)
連絡先:sg2017entryアットマークspaceguard.or.jp(アットマークを @ に換えてください)

 

 
「はやぶさ2」を利用したアウトリーチ・教育活動についての意見交換会

JAXA はやぶさ2プロジェクト
September 23, 2017 開催

 

09/23 2017

小惑星探査機「はやぶさ2」は順調に運用が進められており、来年(2018年)の06月~07月に小惑星リュウグウに到着する予定です。

「はやぶさ2」プロジェクトでは、アウトリーチや教育活動としてこれまでいくつかの試みを行ってきました。また、プロジェクト外でも「はやぶさ2」に関連して多くの試みを行っていただいています。
アウトリーチや教育活動はプロジェクトで行うには限界がありますから、むしろプロジェクト外の皆さんが主体となって進めていただくのがよいと考えています。そのためには、「はやぶさ2」プロジェクトとプロジェクト外の皆さんとの連携が重要となります。

つきましては、アウトリーチや教育に関心のある皆さんとの意見交換会を下記のように開催したいと思いますので、是非ご参加いただけますと幸いです。
 

新しい情報

9月1日に最初のアナウンスをしましたが、すでに多くの方に参加を申し込んでいただきまして、どうもありがとうございます。以下の情報を変更・追加しました。

・ご要望がありましたので、ネットワーク経由で参加していただくことも可能としました。
・申し込みの期限を9月21日(木)17時とします。
・会議終了後に懇親会を行います。
これらについての詳細は以下をご覧ください。
 

日時:2017年9月23日(土)秋分の日 13:30~16:30(開場13:00)
※ 懇親会を17:30から淵野辺駅近くで行います(詳細は下段にあります)
場所:” 相模原市立博物館 地下会議室 ”
 

主催:JAXA「はやぶさ2」プロジェクト
協力:相模原市立博物館、日本惑星協会

 

参加していただきたい方

「はやぶさ2」に関連したアウトリーチや教育に関心がある方ならどなたでもご参加ください。
たとえば
・科学館、博物館、プラネタリウム、天文台等で活動をされている方
・学校等で教育をされている方
・個人、グループでアウトリーチや教育活動をされている方、これから活動を計画されている方
・マスコミや出版などに関係されている方など
 

内容

「はやぶさ2」に関連して
・これまでのアウトリーチや教育活動の実例の紹介
・アウトリーチや教育活動としてどのようなことができうるかの議論
・どのような情報がプロジェクトから発信されるとよいかの議論
・プロジェクトとプロジェクト外の皆さんとのインターフェースの構築
・その他

参加費:無料

参加申し込み
・参加される方は、” 意見交換会参加登録 ” より申し込みを行ってください。
・申し込み期限:9月21日(木)17時まで
・席があれば当日まで受付ますが(先着順、定員100名)、なるべく上記の期限までにお申し込みください。
 

ネットワーク経由の参加について
・face-to-face の議論をしたいため、不特定多数向けのネット中継は行いません。
・ただし、参加者が把握できるやり方を用いることにしましたので、ネットワーク経由で参加していただけます。
・ネットワーク経由で参加していただく場合には、” 意見交換会参加登録 ” のセレクタから「ネットワーク経由で参加する」を選んでください。
・ネットワーク経由で参加するためには、Webブラウザがインストールされたパソコン(マイクとスピーカー付き)が必要です。また、十分に高速なネットワークに接続されている必要があります。
・WebEx というシステムを使います。Web ブラウザからアクセスするための方法は、参加を申し込まれた方にお知らせします。
 

懇親会
・18時から淵野辺駅近くの居酒屋で17:30から行います(20時まで)。
・会費は4000円程度になる予定です。当日、受付で集金します。
・定員は40名程度です。定員になり次第締め切ります。
 

備考
・当日参加できない方でご意見がある方は、上記と同じ ” 意見交換会参加登録 ” からご意見をお寄せください。
・ご要望があれば、さらに意見交換会を行うことも検討しますので、下記連絡先までご連絡ください。

連絡先:「はやぶさ2」ミッションマネージャ 吉川真(yoshikawa.makotoアットマークjaxa.jp、アットマークを @ に変えてご送信ください。)

参考:相模原市立博物館では、企画展「JAXA×博物館」を行っていますので、お時間があれば是非ご覧ください。その他のイベントも含めて、相模原市立博物館の Web、http://u0u1.net/FBRX をご覧ください。
 

TPSJ 運営企画室 : アウトリーチ・惑星科学教育推進チーム

 

シンポジウム「天体の地球衝突問題にどう取り組むか」(終了しました)

アジア太平洋地域小惑星観測ネットワークシンポジウム、第09回スペースガード研究会共同開催
February 27-28, 2017

 

02/27-28 2017

天体の地球衝突問題はスペースガードないしプラネタリー・ディフェンスと呼ばれますが、その活動が本格化してからすでに20年が過ぎました。特に2013年2月のチェリャビンスク隕石の落下以降、この問題に対する国際的な動きが活発になってきています。2013年には、国連宇宙空間平和利用委員会(COPUOS)にて、IAWN(International Asteroid Warning Network)と SMPAG(Space Mission Planning Advisory Group)の2つが設立されることが決議され、実際に活動を開始しました。
これらはそれぞれ、地球接近天体(NEO)の発見とNEOの衝突回避を目的としています。この動きに合わせて、国内ではJAXA・国立天文台・日本スペースガード協会などの研究者が協力して、アジア太平洋地域でのNEO観測を推進していくためのネットワークであるAPAON(Asia-Pacific Asteroid Observation Network)を立ち上げています。このような専門家の間での動きに加えて、天体衝突問題を広く一般に知ってもらうことを目的にしたAsteroid Dayというような活動も2015年から始まり、急速に拡大しています。
そして、2017年5月15-19日、東京(日本科学未来館)において、Planetary Defense Conference (PDC) が開催されることになりました。これは、天体の地球衝突問題について、いろいろな側面から専門家が議論する国際会議です。通算7回目となりますが、欧米以外での開催は初めてとなります。

このような状況を受けて、本シンポジウムでは、PDCに向けた準備も兼ねつつ天体の地球衝突問題についてどう取り組むべきなのかを改めて考えてみたいと思います。地球接近天体、始原天体などの太陽系小天体に関する観測や理論、衝突現象、衝突回避、天体衝突による災害など、関連する分野の講演を広く募集します。
 

開催日時 : 2017年
2月27日(月)13:30 - 17:00 終了後に懇親会予定
2月28日(火)09:30 - 17:00
 

開催場所 :
一橋大学一橋講堂特別会議室101,102
東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター内
” 一橋大学一橋講堂へのアクセス ” - PDF 479KB
 

参加費 : 無料
主催 : 国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所, 特定非営利活動法人 日本スペースガード協会
 

プログラム

02月27日

13 : 15 開場

13 : 30 本シンポジウムの趣旨説明 - 吉川真(JAXA)
 

セッション 1 : 基調講演

13 : 35 小型望遠鏡によるNEO探索システム―近地球天体 2017 BK, 2017 BN92 の発見! - 柳沢俊史(JAXA)

14 : 00 APAON(アジア太平洋地域小惑星観測ネットワーク)の活動状況 - 奥村真一郎(日本スペースガード協会)

14 : 25 天体衝突以外の宇宙の脅威の評価 - 山岡均(国立天文台)

14 : 50 プラネタリー・ディフェンスの国際状況 - 吉川真(JAXA)

15 : 15 休憩

15 : 30 APAON 海外メンバーからの報告(交渉中)

16 : 10 PDC 東京についての議論

16 : 30 終了

懇親会(場所:神保町駅付近、会費:5,000円程度)
 

02月28日

09 : 15 開場

セッション 2 : 太陽系小天体

09 : 30 地球接近天体Icarusとその同一起源候補天体2007 MK6の観測 - 浦川聖太郎(日本スペースガード協会)

09 : 50 【招待講演】大型レーダで軌道決定されたダストから探る未発見母天体小惑星探査 - 阿部新助(日大)

10 : 10 【招待講演】国際宇宙ステーションからの流星観測プロジェクト「メテオ」の最新状況 - 荒井朋子 (千葉工業大学)

10 : 30 休憩
 

セッション 3 : 地球環境

10 : 50 【特別講演】地球災害史における小惑星衝突と将来の被害規模予測の可能性 - 山敷庸亮、磯部洋明(京都大学)

11 : 20 【招待講演】沖合津波観測網の紹介 - 山本直孝(防災科学技術研究所)

11 : 40 宇宙が地球環境に与える影響 - 二村徳宏(日本スペースガード協会)

12 : 00 アブダクションによる仮説の検証と,巨大インパクターのコースの予測 - 種子彰(SEED SCIENCE Lab.)

12 : 20 昼食
 

セッション 4 : 宇宙からの監視・衝突防御・衝突現象

13 : 40 宇宙望遠鏡による地球接近小天体の衝突検知・警報システムについて - 池永敏憲(JAXA)

14 : 00 【招待講演】宇宙プラズマ環境を用いた地球接近小天体の軌道変更手法の提案と検証 - 山口皓平(京都大学)

14 : 20 【招待講演】Particle-based numerical simulations of impact events - 細野七月(京都大学)

14 : 40 ラブルパイル天体の振動モードを用いた破壊ダイナミクスに関する考察 - 中条俊大(東京大学)

15 : 00 休憩
 

セッション 5 : 観測

15 : 20 【招待講演】なよろ市立天文台におけるスペースガードの普及活動 - 渡辺文健・内藤博之(なよろ市立天文台)

15 : 40 【招待講演】東京大学木曽観測所超広視野 CMOS カメラ Tomo-e Gozen による動画サーベイ計画 - 大澤亮(東京大学)

16 : 00 H-IIA ロケットを起源とするスペースデブリの光度変動 - 藤原智子(日本スペースガード協会)

16 : 20 まとめ

16 : 30 終了
 

参加申し込み

参加申し込みは引き続き受け付けています。奥付の参加申し込みをお送りください。なお、会場の定員を超えた場合には先着順とさせていただきますのでご了承ください。

参加申し込み期限 : 2017年2月20日(月)
送り先 : [ sg2016entry@spaceguard.or.jp ]
 

ご意見、ご要望は下記世話人までお願いします。

世話人 :
JAXA : 吉川 真、柳沢俊史、黒崎裕久、池永敏憲、小田寛
日本スペースガード協会 : 奥村真一郎、浦川聖太郎、西山広太、二村徳宏、藤原智子
国立天文台 : 渡部潤一、伊藤孝士、吉田二美
連絡先 : [ sg2016entry@spaceguard.or.jp ]

 

参加申し込みフォーム

「シンポジウム:天体の地球衝突問題にどう取り組むか」参加申し込み
 

・氏名:
・所属:
・連絡先(住所):〒
・連絡先(E-mail):
・連絡先(Tel.):
・参加日程
27日午後:参加・Net参加・不参加(いずれかを残して下さい)
28日午前:参加・Net参加・不参加
28日午後:参加・Net参加・不参加
懇親会(27日夜):参加・不参加
・その他要望など:

 

第10回宇宙ユニットシンポジウム(終了しました)
宇宙にひろがる人類文明の未来 2017 - 宇宙における持続可能な社会基盤の構築 -

京都大学宇宙総合学研究ユニット
February 11-12, 2017

 

02/11-12 2017

京都大学宇宙総合学研究ユニットでは、理学、工学、人文社会科学の幅広い領域に渡る 総合的な宇宙研究の開拓を目指して発足し、JAXA/ISASとも連携して、人類が生きていく 生存圏としての宇宙に関わる諸問題の研究を推進してきました。 また2009年度から2012年度にかけては、「人類はなぜ宇宙へ行くのか」と題した シンポジウムを開催してきました。
2013年度からは「宇宙にひろがる人類文明の未来」と題して、より広い議論を展開していきました。

今年度のシンポジウムでは、未来の宇宙科学と宇宙開発利用、 そして人類が宇宙において今後どのような文明を展開していくのか について、学際的な研究をもとに、多角的な視点から議論を発展させます。また、宇宙研究・開発の世代間の対話を重視し、高校生から大学生、大学院生、教員、 研究者、宇宙開発や産業に携わる人、そして市民、全ての来場者が密接に議論・交流する場を設けます。

開催日時 : 2017年
2月11日(土)13:00 - 17:00
2月12日(日)09:00 - 17:00
 

開催場所 :
京都大学百周年記念時計台記念館(吉田キャンパス本部構内)
” アクセス (本部構内マップと主な交通機関) ” 
 

プログラムの詳細:
” 京都大学宇宙総合学研究ユニット Web ”

 

Creating a better future by exploring other worlds and understanding our own.