TPSJ による、独自の活動の一覧です。
 


 

小天体探査フォーラム

はやぶさ、はやぶさ2に続く日本の小天体探査について、全国からアイディアを募り、科学的意義や工学的な実現可能性を検討し、JAXA/ISAS が実施できる規模の有力なミッション候補を創り出すことを目的として設立された有志団体です。


 

スペースアートコンテスト II

日本の小惑星探査機「はやぶさ2」が2018年夏に小惑星リュウグウへ到着します。リュウグウには生命の元になる物質が存在している可能性があります。そこで、子どもたちに太陽系探査や生命存在の謎について考えてもらうきっかけとして、「スペースアートコンテスト 2 ~地球外生命の姿を描こう!~」を実施しました。


 

太陽系リポート

2015年07月21日の再設立宣言へのお祝いメッセージや、時節に因んだ随筆等を各方面からお寄せ頂いております。トップカテゴリへの掲載が早くなりますので、こちらへはその後の収録となります。


 

天文現象観測情報

太陽系内における様々な天文現象や、観測対象天体の基礎知識、さらにはこれまでに発生した天体衝突履歴など、太陽系科学総図鑑を目指します。


 

TPSJ 1.0 ウェブアーカイブス

1999年から2011年07月まで継続した、旧日本惑星協会(TPSJ 1.0)の遺産です。秋田次平氏による宇宙情報解説は、今もなお、宇宙への興味を私たちに大きく持たせてくれます。


 

The Planetary Report

The Planetary Report は、地球を含む太陽系の包括的なカバレッジを提供するために、最新記事やフルカラーの写真を特集した、米国惑星協会が発行する国際的に認知されたフラッグシップマガジンです。

Archive : 1996 | 1997 | 1998 | 1999


 

TPSJ Gallery

CG アーティスト池下章裕さんの MUSES-C 作品から始まり、はやぶさ2探査機想像図、SLS スペースローンチシステムの進捗特集、はやぶさ2探査機地球スイングバイ観測画像などを収録しました。